カフェ

パリでは、多くのカフェが街路に面していて、歩道にまでせり出すようにテーブルやいすを置いています。そこから転じてコーヒーを飲ませる場所を「カフェ」というようになりました。もちろん店内にテーブルやカウンターが設置されています。日本でカフェが登場したのは、明治時代でパリのカフェを模範としたものが誕生したのが始まりです。

2000年以降にカフェブームが起きて、様々な店が登場しました。フランスでは生活の中にカフェが根付いていて、多くの著名人も通ったカフェが観光名所となっています。カフェと言えば、パリが発祥の地と言われるほど多くのカフェがあります。

パリではカフェを提供する給仕は男性ですが、日本では女性の給仕を置いたことで評判となりました。基本的にはパリのカフェでは有名店以外クーラーを設置していないので、真夏の場合は涼しい店内に座る人が多いです。場所によって値段が違っていて、カウンターで立って飲むのが一番安くて、次は店内のテーブル席に座って飲む、そしてテラス席に座って飲むのが一番高い料金設定となっています。

現在では様々な形態のカフェが登場していて、カフェバーやインターネットカフェ、オープンカフェやドッグカフェ、猫カフェ、ギャラ リーカフェなど多くのカフェが展開されています。「カフェ」というのは、本来「コーヒー」を意味しています。このこ ろから、店内の照明やインテリアにこだわりおしゃれなラウンジ風のカフェが登場するようになったのです。 このように様々に進化を遂げていくカフェバーですが、これからもペット同伴可能なところなどどんどん増えていきそうですね。




サイバーカフェ

アメリカなどでは「サイバーカフェ」ということもあります。このような要素によってマンガ喫茶などでインターネットの導入が進み、インターネットカフェへと展開していったのです。こうしてマンガとネットを複合化したネットカフェのチェーン店が多くの企業によって展開されていきました。マンガ喫茶では、マンガや雑誌と並びパソコンの導入でオンラインゲームをする人が増えるなど、集客に大きく貢献していきインターネットカフェの人気が定着していきました。

自宅にパソコンやインターネット環境がない人、常時接続環境を持っていない人、外出先からインターネットに接続したい人などが多く利用するようになりました。利用料金は、長時間滞在する人ようにお得なパック料金を用意しているお店が多くお得に利用することができます。一般的に「ネットカフェ」とか「ネカフェ」などの略称で呼ばれています。

ネットカフェは消費者のニーズによって大都市から地方都市へも出店の場を広げていきました。「インターネットカフェ」とは、店内にパソコンが設置してありインターネットにアクセスすることができるカフェのことです。それに伴い常時インターネットに接続可能なADSLなどの環境が整備されて、低価格で利用できるようになったことで急速に普及していきました。

ゲームやインターネットが使いたい放題、マンガや雑 誌は見放題、ドリンクは飲み放題という形態が多いです。座席は自分で選ぶ ことができるお店とお店側から指定されるお店があります。日本では2001年以降に パソコンの価格や導入費用コストが低減したことや、モデムの取り付けを個人で も設置できるようになったことで急速にインターネット環境を利用する人が多くなりました。 本当にいきなりのように、パソコンの価格が下がり、またネット環境が拡大したわけです。


相互リンク
ポスティング 東京



特典やイベント

オンラインゲームのネットカフェ特典やイベントなどが設けられていることもあります。通常料金で使うことができるお店や、割増料金が必要なお店があります。「リクライニング席」では、背中を倒してくつろぐことができる席です。一般的に扉は施錠できません。

「マッサージ席」は、マッサージチェアを使うことができる席です。オンラインゲームでは高い性能が要求されることもあるため、高性能パソコンが設置されている席です。 条例や店側の自主規制などによって未成年者には個室を提供しない店もあります。「ペア席」は、男女2人や女性2人、男性2人、あるいはシングルユースでも使うことができます。

通常料金で使うことができるお店や、割増料金が必要なお店があります。オープン席とは違い、周囲の目を気にすることなく利用できるため、プライバシーが気になる人は個室席を使う人が多いです。条例によって、18歳未満はこのオープン席しか使えないと定めているところもあります。「シングル個室席」は、ネットカフェにおいて近年フロアーの主力となっている形式です。

条例などの規制によって密閉型扉は使えないので開放型のウェスタン扉にしたり扉に窓をつけて中が見えるようにしたり扉自体を設置しないところもあります。 「ハイスペック席」は、シングル個人席と基本は同じです。お店によっては2人で同時にパソコンを使うことができるように2台設置しているところがあります。「オープン席」は、主にマンガを読むスペースとしてオープン席を確保しているお店が多いです。


相互リンク
後遺障害



貴重品の管理

利用者に貴重品の管理を自己責任で行うように注意を促しています。家賃や光熱費などの費用を節約して、日雇いで得た賃金などをそのままネットカフェの利用料金として使い、宿泊施設代わりにして生活をしているのです。24時間営業のお店が多いため、大掛かりの掃除や店内の換気が難しくウィルスが蔓延する危険性が高いことが挙げられます。店側では一切保証や賠償をしません。特に若者の間では家に帰らずネットカフェで寝泊まりしている人が多くいて社会問題となっています。

ネットカフェのパソコンを利用してネット詐欺などの犯罪を行う人も増えています。最近はシャワールームや個室を備えていてインターネットを利用できる複合カフェも登場していて、都市部を中心に広がりをみせています。インターネットカフェの普及によって多くの問題も発生しています。このように重要な情報に関しては、ネットカフェで利用しないようにしなければいけません。いわゆるホームレス状態です。

ネットカフェでは不特定多数の人がパソコンを使うので、利用者を特定することが困難です。これを利用して、掲示板に誹謗中傷記事を掲載したり、犯罪予告を書き込んだりするという問題も起きています。24時間営業のインターネットカフェなどが多く存在することから、低料金で個室に居続けることができるため、カプセルホテルよりも環境がよく安く利用できると長期間居続ける人がいるのです。ネットカフェでは衛生上の問題もあります。ネットカフェ難民は、若年労働者が多いと言われていましたが、30歳代?50歳代の年齢層にも多いことがわかっています。

ネットカフェでは店舗の構造上から死角が多く存在していて、他人に干渉されることなく 好き勝手なことができるという状況があります。他にもネットカフェのパソコンを通じてパ スワードを盗まれたり、クレジットカードの重要情報を盗まれたりする被害も多発していま す。主に日雇い派遣労働をして生活を維持している人が定住先を持たずに生活の拠点をネット カフェに置いているのです。またネットカフェでは、多くの人が出入りして店内に死角も多いため に盗難や置き引きなども多く発生して問題となっています。その大きなものに「ネットカフェ難民」があります。 このことに関してはニュースなどでもかなり放映されているので、多くの方がご存知なのではないでしょうか?




10ヶ所のオープンカフェ

久屋大通沿いに10ヶ所のオープンカフェがあります。水辺の涼しい風を受けながらオープンカフェで飲むビールは格別の味として多くの人に利用されています。欧米の都市で多く見られて、最近は日本にも見られるようになってきたのが「オープンカフェ」です。これを活かして川沿いにたくさんのオープンカフェを作ったのです。

周辺にはショッピングスポットが多数あるためショッピングの途中や帰りに一休みするのにおすすめのスポットです。このように街の活性化を目的として地域が協力しあって、オープンカフェを作っているところもありますし、個人経営のカフェがウッドデッキなどを利用してオープンテラス風のカフェを営業しているところなどがたくさんあります。名古屋のテレビ塔のお膝元、久屋大通でも商工会議所などが市と協力してオープンカフェを推進しています。歩道沿いにあるカフェが歩道や広場の一角などを仕切ってお店の一部として利用しています。

広島市は中心部に6本もの川が流れている水の都です。オープンカフェに座りながら、行き交う人を眺めて過ごすのもいいですし、待ち合わせに利用するのもいいと思います。水辺に新たな魅力を提供した結果、多くの市民や観光客の憩いの場となりました。

広島では街を活性化させるために、オープンカフェを作りました。東京の墨田区では、隅田川沿いにオープンカフェを夏期限定で毎年オープンしています。オープンカフェをつくることで、そのエリアを賑やかにすることができて、人や物を集める集客効果を望むことができます。



トイレのしつけ

トイレのしつけはもちろんのこと、狂犬病予防やワクチン接種などをきちんと受けていないと入れません。犬のノミやダニを排除すること。また犬同士が知り合うことで犬に社交性を身につけることができるというメリットもあります。カフェでのマナーを具体的に挙げていきます。しかしながら、ドッグカフェに出入りする飼い犬たちには最低限のマナーを守るように徹底されています。

基本的に通常のカフェとは変わりませんが、大抵はドッグカフェの特徴をだすために店ごとにオリジナルの犬用メニューなどが用意されています。最低でも「まて」「よし」「ふせ」「おすわり」などのしつけが身についていること。店内では犬が動き回らないようにリードをつけます。あとはお店ごとに決められているルールがあればそれを守るようにしてください。従来は、カフェに入るときペットを店の外へつないでおかなければならず店内に入れることはできませんでした。

ドッグカフェには、愛犬家が集まるため、知らない人同士でも犬を通じて会話が弾み、楽しい時間を過ごすことができるという特徴があります。 それがドッグカフェでは、犬を一緒に店内へ連れて行くことができるのです。そしてカフェに行く前には先にトイレを済ませてから入店するようにしてください。お店によっては小型犬だけと犬種が制限されているところがあります。特に皿などは衛生上の理由で、犬と人間が共有することがないようにしてください。

飼い主の足下に犬を座らせるようにします。抜け毛もお店に迷惑となるので、事前にブラッシングしてから入店するように してください。発情期には連れて行かないようにしてください。ドッグメニューがあるときは人間用の水や食事 をあげないでください。予防接種を受けること。このような最低限のルールもありますので、しっかりと事前確認の上、 ドッグカフェに行くようにしましょう。わからないときは問い合わせるのが一番です。


猫カフェ

日本の猫カフェでは一般的に料金の課金が時間制になっていることが多いです。「猫カフェ」は、店内にいるたくさんの猫とふれあい遊ぶことができるカフェです。猫カフェでは猫と一緒にくつろぐことで癒されることが主な目的です。猫カフェには若い女性の友人同士やカップルなどで訪れる人が多いそうです。

利用する際には猫の扱いについての注意点などを店員から聞く必要があります。先に注文をしてあとは時間がある限り自由に猫に餌をあげたりおもちゃで遊んであげたりしてふれあうことができます。自分で猫を飼いたいと思っていても、住んでいるマンションがペット禁止のために飼うことができない人などが利用しています。猫カフェがたくさんあるため、お店では独自性をだすためにブログで猫たちの紹介をしたり動画を見せたりして売り込みをしています。

カフェの中に数匹の猫が放し飼いになっていて、そこで利用者が飲食をして、猫とふれあい時間を過ごします。そのため専任のスタッフが必要となります。それ以外にも殺傷分予定の猫を保護して、その猫の里親を見つけてあげることを目的としている猫カフェもあります。ドッグカフェは自分の飼っている犬を連れていくカフェですが、猫カフェは店が用意した猫と過ごすカフェとなっています。

中には店内にいる間は一定額以上の飲食をしなければいけないと定めているお店もあります。お店によっては飲食スペースと猫とのスペース が別になっているカフェもあります。猫カフェでは、定休日や閉店時においても猫の健康管理をしなければいけません。 このような管理が行き届いているので、安心して猫を預けることができるのです。



相互リンク