寺カフェ

仲間と共に仏教談義をするのもいいですし、店内にある御仏壇にお参りをして煩悩を払うこともできます。日曜と祝日が定休日となっています。坊主バーは東京の新宿区荒木町6にあるAGビル2Fです。様々な視点からそれぞれの楽しみ方を見つけることができます。しかも11時?14時の間はドリンクとカフェが無料で提供されているそうです。 東京の四谷にある「坊主バー」です。お坊さんバンドが仏教のことばやお経を歌詞にして歌っています。現役の僧侶とカウンター越しに会話を楽しむことができます。ときに人生を語り合い、僧侶の法話を聞くことができます。東京の港区、神谷町にある「梅上山 光明寺」では本堂を使ってオープンカフェを開いています。 お寺とカフェといった一見ミスマッチな感じが「異空間」で「落ち着ける場所」として人気になっています。お寺の僧侶たちは、普段あまり一般の人に馴染みがないお寺や仏教に少しでも親しんでもらえるようにと力を入れているそうです。またカフェだけではなく、カフェバーとして僧侶がバーを開いているところもあります。お代はお賽銭をあげるということで成り立っているようです。お寺の本当には無線LANや雑誌などもおいてあります。 営業時間や営業日などは不定期のようなので事前に確認してから 行った方がいいと思います。営業時間は19時?25時までです。坊主 バーにはおみくじもあるため、願かけをすることもできます。お寺 の境内にあるカフェで僧侶が接客する「寺カフェ」が静かな人気を 呼んでいるそうです。不定期で、ライブや瞑想会などのイベントも行っています。 このように変わっているバーが思いのほか流行ったりしている時代なのです。 ただ一発屋で終わってしまうところもあるのが現実ですが。。